バーチャルオフィスとは何ですか?

会社を設立するときは、会社の登録のために住所が必要になります。おそらく最初に思いつくことは、あなた自身の自宅の住所を登録することですが、それは住民税や固定資産税の上昇など、多くの問題を引き起こすでしょう。
「Virtual Office」は、物理的な住所やオフィスに関連するさまざまなサービスを企業に提供することで、物理的なオフィスをリースせずに、毎日の運用コストを節約するためのサービスです。バーチャルオフィスを使用すると、メンバーはどこからでも働くことができます。
バーチャルオフィスは、「ビジネスアドレスホスティング」、「企業登記サービス」、「税登録」、「オペレーションオフィス」とも呼ばれます。

会社を設立するときは、会社の登録のために住所が必要になります。おそらく最初に思いつくことは、あなた自身の自宅の住所を登録することですが、それは住民税や固定資産税の上昇など、多くの問題を引き起こすでしょう。
「Virtual Office」は、物理的な住所やオフィスに関連するさまざまなサービスを企業に提供することで、物理的なオフィスをリースせずに、毎日の運用コストを節約するためのサービスです。バーチャルオフィスを使用すると、メンバーはどこからでも働くことができます。
バーチャルオフィスは、「ビジネスアドレスホスティング」、「企業登記サービス」、「税登録」、「オペレーションオフィス」とも呼ばれます。

バーチャルオフィスは他に何を提供できますか?

会社の住所登録の基本サービスに加えて、ビジネスセンターとコワーキングスペースは、郵便物の住所提供、受け取り、転送などのサービスも提供します。
物理的なオフィスが必要な場合は、共同作業スペースを備えた会議室、オフィススペースをレンタルすることもできます。必要に応じて税務・法務相談など他のサービスも利用できます。

会社の住所登録の基本サービスに加えて、ビジネスセンターとコワーキングスペースは、郵便物の住所提供、受け取り、転送などのサービスも提供します。
物理的なオフィスが必要な場合は、共同作業スペースを備えた会議室、オフィススペースをレンタルすることもできます。必要に応じて税務・法務相談など他のサービスも利用できます。

バーチャルオフィスを設立することは合法ですか?リスクはありますか?

ビジネスセンター/コワーキングスペースはビジネス用途として承認されているエリアに所在し、税務登録/仮想オフィスを法的に登録でき、法的リスクの問題はありません。
実際、バーチャルオフィスは、起業家が会社に借りることができる完全に機能するビジネスアドレスです。 これは、希望する場所で働きたいが、実際のオフィスは必要ないが、会社の住所登録会社が必要な起業家に最適なソリューションです。
一方、バーチャルオフィスを設置するには、企業が法的な事業運営を行う必要があり、政府の承認を得る必要があります。

ビジネスセンター/コワーキングスペースはビジネス用途として承認されているエリアに所在し、税務登録/仮想オフィスを法的に登録でき、法的リスクの問題はありません。
実際、バーチャルオフィスは、起業家が会社に借りることができる完全に機能するビジネスアドレスです。 これは、希望する場所で働きたいが、実際のオフィスは必要ないが、会社の住所登録会社が必要な起業家に最適なソリューションです。
一方、バーチャルオフィスを設置するには、企業が法的な事業運営を行う必要があり、政府の承認を得る必要があります。

台北または台湾で企業/企業の登録が必要な場合は、Home Sweet Homeコワーキングスペースが適しています。台北の中心部の都心エリアにあるだけでなく、フレンドリーなスタッフが起業家を支援することもできます。 会社設立、バーチャルオフィスの設定、事業所住所の移転、事業登録の変更など様々な実務上の問題を解決します。

台北または台湾で企業/企業の登録が必要な場合は、Home Sweet Homeコワーキングスペースが適しています。台北の中心部の都心エリアにあるだけでなく、フレンドリーなスタッフが起業家を支援することもできます。 会社設立、バーチャルオフィスの設定、事業所住所の移転、事業登録の変更など様々な実務上の問題を解決します。

バーチャルオフィスでどのような費用を節約できますか?

バーチャルオフィスを選択する理由(ビジネスアドレスホスティング):

  
Virtual Office
物理的オフィス
初期料金毎月の家賃1500-3000
(条件による)
価格は異なりますが、より高価
事務用家具必要なし購入する必要
電気製品必要なし購入する必要
オフィス機器必要なし購入する必要
毎月の追加費用水道・ガス・電気必要なし追加の支払いが必要
インターネット料金必要なし追加の支払いが必要
ごみ処理費用必要なし追加の支払いが必要
メンテナンス料必要なし追加の支払いが必要

事業登録で「自宅住所」と「バーチャルオフィス」のどちらを選択しますか?

自宅住所
親戚や友人の住所の借用

借りた住所を使用して会社を登録するには、自宅住所のほか、親類、友人の住所を借りること、レンタル住宅を使用すること、または会社登録のためにビジネスセンター/コワーキングスペースを使用することなどが考えられます。
それに比べて、コワーキングスペースの仮想オフィスは、会社を迅速に立ち上げるためのより簡単で簡単な方法です。

会社登録に自宅の住所を使用する際の最大の問題は課税です。土地税、固定資産税、住宅付加価値税はすべて値上がりし、水道料金、電気料金も増加するでしょう。親戚や友人から借りる場合、増加した費用は間違いなく借主の負担です。賃貸住所を利用する場合、家主が必ずしも同意してくれるとは限らず、同意しても増税分は必然的に自分の負担となるでしょう。

借りた住所を使用して会社を登録するには、自宅住所のほか、親類、友人の住所を借りること、レンタル住宅を使用すること、または会社登録のためにビジネスセンター/コワーキングスペースを使用することなどが考えられます。

会社登録に自宅の住所を使用する際の最大の問題は課税です。土地税、固定資産税、住宅付加価値税はすべて値上がりし、水道料金、電気料金も増加するでしょう。親戚や友人から借りる場合、増加した費用は間違いなく借主の負担です。賃貸住所を利用する場合、家主が必ずしも同意してくれるとは限らず、同意しても増税分は必然的に自分の負担となるでしょう。

それに比べて、コワーキングスペースの仮想オフィスは、会社を迅速に立ち上げるためのより簡単で簡単な方法です。

事業登録住所はどのように影響しますか(住宅税、土地価値税、公共料金、住宅所有者の収入)?

住宅税:自己占有住宅、つまり自分で使うための住宅は、1.2%の住宅税率の対象となります。家に登録会社がある場合、それは「家族以外の使用」の家と見なされます。その一部は商業用であるため、税務署は、少なくとも1/6が商業利用と見なし、3%から5%の住宅税が徴収されます。

土地価値税:自己の住宅利用の土地価値税は2‰です。会社が自宅に登記されている場合、実際に使用されていなくても、少なくとも土地価値税の算出基準の1/6は2‰から10‰に変更する必要があり、5倍となります。残りの5/6については、2‰の自己使用住宅税率が維持されます。

土地付加価値税:自己利用住宅の土地付加税は、土地税法において、販売された時点で10%の優先税率の対象となります。会社が自宅に登記されている場合、土地の1/6に対して20%から40%の土地付加価値税が課されます。

 

バーチャルオフィス登記が拒否される場合の主な理由

(台湾・台北の場合)

一部の企業は、「私のバーチャルオフィスの登記申請が台北国家税務局によってなぜ拒否されたか」を疑問に思うかもしれません。主な理由は次のものです。

  • 統一発票(統一インボイス)の使用の免除を申請している企業の場合、台北国家税務局は一般に、ビジネスセンター/コワーキングスペース/仮想オフィスに登記することを認めていません(収益NTD200,000未満の会社が統一発票の使用の免除を申請できます)。
  • 事業内容に特別な事業が存在した場合。一般的にビジネスセンター/コワーキングスペースはオフィスとしてのみ使用できます。
  • 輸入および輸出貿易事業を行う場合。台北の国家税務局は通常、これらの業種のバーチャルオフィスによる登記を許可していません。
  • 事業税控除の額が大きすぎる場合、または事業税の納付額が0の場合、台北国家税務局は事業活動の実態がないとみなし、バーチャルオフィスとして会社の移転または新規住所登録申請を承認しない可能性があります。

バーチャルオフィスを使用することの利点は何ですか?

ビジネスイメージを改善

バーチャルビジネスアドレス登録によって、起業家は物理的なプレゼンスを出すことができ、会社のプロフェッショナルなイメージを強化できます。起業家は、この住所を会社の文書、ウェブサイト、または必要な場所で使用できます。

物理的なオフィスの 費⽤を削減

仮想オフィスを登録すると、物理スペースのすべての運用コスト(家賃、ユーティリティ、管理、保守、修理、ビジネス保険など)を支払う必要はありません。

柔軟な職場環境

バーチャルオフィスに会社を登録することで、起業家は世界のどこでもビジネスを確立することができ、起業家は好きな場所で働くことを選択できます。

迅速な事業⽴ち上げ

仮想オフィスを設置することは、すべてがオンラインで行うことができるため、多くの場合、迅速かつ簡単です。早い段階で、コワーキングスペース/ビジネスセンターと連絡して事前に相談することが重要です。

追加サービス

フレンドリーなスタッフは、企業の設立、移転、ビジネス登録の変更など、さまざまなビジネス上の問題を抱える起業家を支援することもできます。

バーチャルオフィスを使用することの利点は何ですか?

ビジネスイメージを改善

物理的なオフィスの 費⽤を削減

柔軟な職場環境

迅速な事業⽴ち上げ

追加サービス

バーチャルビジネスアドレス登録によって、起業家は物理的なプレゼンスを出すことができ、会社のプロフェッショナルなイメージを強化できます。起業家は、この住所を会社の文書、ウェブサイト、または必要な場所で使用できます。

仮想オフィスを登録すると、物理スペースのすべての運用コスト(家賃、ユーティリティ、管理、保守、修理、ビジネス保険など)を支払う必要はありません。

バーチャルオフィスに会社を登録することで、起業家は世界のどこでもビジネスを確立することができ、起業家は好きな場所で働くことを選択できます。

仮想オフィスを設置することは、すべてがオンラインで行うことができるため、多くの場合、迅速かつ簡単です。早い段階で、コワーキングスペース/ビジネスセンターと連絡して事前に相談することが重要です。

フレンドリーなスタッフは、企業の設立、移転、ビジネス登録の変更など、さまざまなビジネス上の問題を抱える起業家を支援することもできます。

バーチャルオフィスに適しているのは誰ですか?

フリーランサー、SOHO、デジタルノマド
中小企業とスタートアップ
他の都市でもビジネスを確立したい企業、
さまざまな国や都市でビジネスを展開する多国籍企業のリエゾンオフィス
コスト削減を必要とする初期段階の起業家、
会社の登録が必要なネット起業家